広瀬川沿い彩るオオマツヨイグサ 伊勢崎

上毛新聞
2017年6月26日

夕方から朝にかけて開花するオオマツヨイグサが、伊勢崎市の広瀬川沿いの土手で見頃を迎えた。龍宮橋(宮子町)下流の右岸約300メートルで黄色い花が咲き、散歩する人たちを楽しませている=写真。
地域住民でつくる龍宮フラワーロード会(井上治太郎代表)が20年以上前から、花を増やしたり下草を刈るなど環境整備している。井上さんは「花の名所として知られるようになり、県外からも見に来てくれる。今年も鮮やかに咲き始めた。7月下旬まで楽しめる」と話している。

地図 →

この付近の観光ニュース →