さくらんぼ組合が開園式 沼田

上毛新聞
2017年6月14日

沼田さくらんぼ組合(白井光春組合長)の開園式が13日、沼田市沼須町のあざみ園で開かれ、地元の沼田利南幼稚園(近藤葉子園長)の園児11人が赤く色づいた実を摘み、初夏の味覚を楽しんだ。
園児たちは枝に手を伸ばして「佐藤錦」や「紅さやか」を食べ比べた=写真。脇屋充ちゃん(5)は「数えられないくらい食べた」とうれしそうだった。
組合には市内のサクランボ農家35軒が加入している。白井組合長(55)は「今年は豊作。色が良くて甘い」と話していた。市内の観光農園は順次オープンし、7月中旬までサクランボ狩りを楽しめる。

地図 →

この付近の観光ニュース →