自社開発の味お土産に カレーとサイダー売店にコーナー 草津・ホテル桜井

上毛新聞
2017年6月5日

草津白根観光ホテル桜井(草津町草津、桜井芳樹社長)は、自社開発のレトルト「和牛カレー」と、オリジナルキャラクター「さくらいっ娘」サイダーをそろえたコーナーを売店に新設した。
「和牛カレー」はデミグラスソースと和牛の肉を使い、ぜいたくな味わいが特長。朝食などで提供しているものをレトルトタイプにした。売店の売り上げトップ10に入る人気商品で、今後は地元産野菜を使うなどカレーの種類を増やしていく予定だ。210グラム入り500円。
「さくらいっ娘」サイダーも人気商品。グループ会社の浅間酒造の日本酒製造で使われる仕込水に炭酸と甘味を加えた。利用者に親しんでもらうため、ラベルにキャラクターの絵をあしらっている。340ミリリットル入り260円。問い合わせは同ホテル(☎0279・88・1111)へ。

地図 →

この付近の観光ニュース →