「ググッとぐんま」 イベントや体験観光をアピール 7月からキャンペーン

上毛新聞
2017年5月22日

7~9月の大型観光企画「ググっとぐんま観光キャンペーン」を実施するググっとぐんま観光宣伝推進協議会(会長・大沢正明知事)は19日、県庁でキャンペーンの概要を発表した。イベントや体験施設をはじめ約170の観光素材をガイドブックなどでアピールし、誘客を呼び掛ける。
7月1日のオープニングセレモニーは、JR水上駅周辺を会場に開催。例年、セレモニーは高崎駅で開いていたが、「水」や「山」にスポットを当てたテーマ性を考慮した。
国連教育科学文化機関(ユネスコ)「世界の記憶」への登録を目指す高崎市の「上野三碑」や、改修を経て7月15日にグランドオープンする県立歴史博物館なども見どころとする。
ラフティングやキャニオニング、ボディーボードで急流を下る「ハイドロスピード」など水遊びもアピール。新潟、長野県との県境の稜線(りょうせん)約100キロを県がコースとして整備を進める稜線トレイルは8月11日の「21世紀の森まつり」(沼田市、川場村)で、トレイルの新たな名称を発表する。

地図 →

この付近の観光ニュース →