《尾瀬国立公園 10年》雪解け 湿原に春の息吹

上毛新聞
2017年5月22日

片品で山開き
陽光が反射する雪解け水のほとりで、遅い春を待ちわびたミズバショウが顔を出した。周囲には雪化粧の至仏山や燧ケ岳。群馬、福島、栃木、新潟の4県にまたがる尾瀬国立公園の山開きが19日、片品村戸倉の尾瀬ぷらり館西側広場で行われ、本格的な尾瀬の行楽シーズンが訪れた。
式典には関係者約150人が参加して安全を祈願。主催した同村の千明金造村長が「多くの人にミズバショウの花言葉である『美しい思い出』をつくってもらいたい」と述べた。
19日の尾瀬ケ原は晴天に恵まれ、池塘(ちとう)に映り込んだ山々などの美しい景色を目にしたハイカーらは盛んにシャッターを切っていた。
尾瀬国立公園は日光国立公園から独立して8月で10年となる。県、片品村などは節目の年を盛り上げ、尾瀬の環境などについて考えてもらおうと、県内外でPR事業を展開している。

 

【写真】「山開き」を迎えた尾瀬国立公園・尾瀬ケ原。多くの雪を残した至仏山をバックに美しいミズバショウが咲く=19日午後1時ごろ

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

《尾瀬国立公園10年》転倒防止へ木道整備 ボランティアが「桟木打ち」 片品

約9.1km
群馬

大迫力のダム放流 矢木沢、奈良俣 みなかみ

約14km
群馬

高原を彩るレンゲツツジ 片品

約15km
栃木
群馬

シラネアオイお出迎え 片品・丸沼高原

約18km