「八百屋お七」復活 からくり保存会が上演 桐生

上毛新聞
2017年5月16日

からくり人形の保存と舞台の復元などに取り組んでいる「桐生からくり人形芝居保存会」(石関博会長)は13日、桐生市の有鄰館で「吉祥寺恋之緋桜(こいのひざくら)」(八百屋お七)を56年ぶりに披露した。石関会長は「動くからくり人形を伝統としていつまでも残したい」と思いを語った。
同会によると、人形芝居は桐生天満宮の御開帳(臨時大祭)の飾り物として披露され、町内ごとに上演されたという。1961年を最後に臨時大祭が行われなくなり、人形芝居も姿を消した。
八百屋お七は、江戸の大火で、お七が避難先の寺で吉三郎と出会い恋に落ちる物語。日本芸術文化振興会の助成事業の一環で、約1年かけて復活させた。頭と衣装を制作した同市の田畑恵美子さん(68)は「顔の表情や着物にこだわった。動く人形が見られて喜びもひとしお」と笑顔だった。
同会は、市内に保管されていた人形を基に、複製した人形で忠臣蔵や巌流島など6演目を上演。第1、第3土曜日に上演しており、20日に有鄰館で八百屋お七を上演する。

 

【写真】1年かけて複製したからくり人形

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

八木節の魅力体感 楽器や歴史資料展示 桐生

約60m
群馬

エコな浴衣や帯100点 桐生織物記念館

約780m
群馬

赤ちゃんすくすく タヌキ7匹、サル3匹成長 桐生が岡動物園 桐生

約1km
群馬

重伝建の町並み 人力車から見物 桐生・本町商店主が運行

約1.9km
群馬

桐生市が「道-1」誘致 ウマいもん合戦と同時開催 10月

約4.2km
群馬

アユ料理に舌鼓 桐生簗オープン 桐生

約4.3km