境内彩る3000株のボタン  那須塩原・妙雲寺で31日まで「まつり」

下野新聞
2017年5月11日

 那須塩原市塩原の妙雲寺で「ぼたんまつり」(塩原温泉観光協会主催)が開かれている。31日まで。同寺は温泉街の中心に位置し、830年以上の歴史を持つという古刹(こさつ)。檀家(だんか)らでつくる「牡丹(ぼたん)を育てる会」が花を管理する。

 本堂や墓所周辺に広がる「ぼたん園」には、3千株以上のボタンが植栽されている。見頃は20日ごろで、下旬まで続く見込み。赤やピンク、黄色など色とりどりの花が境内を彩り、ツツジやフジとの“競演”も楽しめるという。

 同協会は「たくさんの種類があるので、一つ一つを観賞してもらい、好みのボタンを見つけてほしい」と来場を呼び掛ける。期間中の土日は抹茶席(400円)も用意される。

 午前8時30分~午後4時30分、入園料400円。抹茶席は午前10時~午後3時。(問)同協会0287・32・4000

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

トテ馬車温泉街走る 那須塩原で運行スタート

約1.3km
栃木

那須ハイランドパーク ウルトラマンの世界満喫

約18km
栃木

スイセンと白梅共演 斜面染める春の色 那須塩原・東那須野公園

約20km