カシマでホラーイベント ゾンビから逃げ謎解き

茨城新聞
2017年5月4日

鹿嶋市神向寺の県立カシマサッカースタジアムで3日、謎解きを楽しむ体験型ホラーイベント「カシマゾンビスタジアム」が開かれた。参加者は、スタジアムを徘徊(はいかい)するゾンビから逃れながら四つのエリアに隠された謎解きに挑み、スタジアムからの生還を目指した。

同イベントは、J1鹿島アントラーズとリアルな演出で人気を集めるお化け屋敷「オバケン」(東京都杉並区)、ゲーム施設運営のタイトー(同新宿区)による共同イベント。スタジアムの有効活用と地域活性化につなげるのが狙い。

イベントには鹿島OBで元日本代表の秋田豊さんや名良橋晃さん、中田浩二さんもゾンビ姿などで登場し会場を盛り上げた。

オバケンのファンという牛久市の会社員、寺門拓さん(27)は初めてスタジアムを訪れたといい、「普段は入れない選手の控室を見られたり、ピッチを駆け回るなど貴重な体験ができて楽しかった。今度は試合を見にスタジアムに来たい」と笑顔で話した。

地図 →

この付近の観光ニュース →