新緑映えるこいのぼり 常陸太田・竜神峡

茨城新聞
2017年4月30日

ゴールデンウイーク(GW)初日の29日、県内は高気圧の影響で、日中に5月中旬から6月中旬並みの陽気となった。常陸太田市天下野町の竜神大吊橋では、「第28回竜神峡鯉のぼりまつり」が開幕。吊り橋周辺に飾られた約千匹のこいのぼりが新緑の渓谷を吹き抜ける風に乗って群泳し、大勢の行楽客でにぎわった。

古河市から家族4人で訪れた小学5年生の尾崎文さん(10)は「吊り橋の下のダム湖や周りの木と、色とりどりのこいのぼりがよく合っていてきれい」と話した。

5月14日までで、期間中は地元特産品を販売する物産市が開かれるほか、4日に野だて茶会、7日にバルーンアートイベントなど、多彩な催しが行われる。5日のこどもの日は小中学生の渡橋料が無料。問い合わせは市観光物産協会(電)0294(72)8194

写真


地図

地図を開く 近くのニュース