パンチ効いた後味 「取手づくり」試飲 キリンビール

茨城新聞
2017年4月23日

キリンビール取手工場(九鬼理宏工場長)のオリジナルビール「一番搾り 取手づくり」が25日に発売されるのを前に、取手市桑原の同工場で22日、試飲会が開かれた。

市内関係者や県民を対象に募集した「地元で取手づくりを楽しみ隊」のメンバーら約60人が参加。同工場の久保田聖悟醸造長は、今回の取手づくりについて、「地元のお客さまの『もっと苦みがほしい』という声にお応えした。パンチの効いた後味で、目指す味になった」と仕上がりに自信を見せた。

同工場によると、取手づくりは約80万リットルを製造予定で、主に県内で販売される。25、26日は取手駅西口で、28日には水戸駅コンコースで取手づくりの生ビールなどが飲める「体感BAR」を予定している。

地図

地図を開く 近くのニュース