フジの花、盛りの春彩る  足利 フラワーパーク見頃間近

下野新聞
2017年4月14日

 全国有数のフジの名所として知られる足利市迫間(はさま)町のあしかがフラワーパークで15日、350本以上のフジが園内を彩る「ふじのはな物語」が始まる。5月21日まで。

 同パークのシンボルでもある樹齢約150年の大フジは、約1000平方メートルのフジ棚に紫色の花を広げる。長さ80メートルの白フジのトンネルや、黄色い花を咲かせるキバナフジなども次々に見頃を迎える。

 大フジの見頃はゴールデンウイークごろになる見込み。5000株以上のツツジも同時期に咲き誇り、色とりどりのフジと競演する。

 22日~5月14日は夜間のライトアップが実施され、幻想的な光景が楽しめる。

 午前7時~午後6時(ライトアップ期間は午後9時)。入園料はフジの開花状況で変動し、昼の部大人900~1700円など。

 (問)同パーク0284・91・4939

[写真]花と光のシャワーが降り注ぐ見頃の大フジ=昨年4月27日撮影

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

25、26日さのまるの日イベント 全国33キャラとグルメ勢ぞろい

約5.3km
栃木

さのまる切手、第4弾の図案は唐沢山城跡、いもフライなど 佐野

約5.3km
栃木

レトロモダンあんどん、足利学校を小粋に照らす 2月土日に「足利銘仙灯り」

約7km
栃木

刀剣ファン“乱舞” 足利市美術館で「山姥切国広」展

約7.2km
栃木

足利「論語かるた」リニューアル販売、コスト削減で価格半額に パッケージに「たかうじ君」起用

約7.4km
群馬

マンサク見頃 邑楽

約7.5km