堤防彩るアンズ 小山の下生井

下野新聞
2017年4月1日

 【小山】下生井の与良川堤防でアンズの花が見頃を迎えた。訪れた人は白やピンクの花を見て、春の訪れを楽しんでいる。

 堤防沿い約1キロにわたって地域住民らが24年前にアンズの木を植え、「あんずの里」として親しまれている。地域住民でつくる「あんずの里実行委員会」(高橋実(たかはしみのる)委員長)が雑草の手入れやアンズの木を管理。毎年6月、下生井小の児童が同委員会とともに実を収穫している。

 堤防では菜の花も見頃を迎え、白と黄色のコントラストも楽しめる。登下校時にアンズ並木の近くを通る同校5年海老沼拓実(えびぬまたくみ)君(10)は「どんどん咲いていくのを楽しみにしていた。下生井の誇りのアンズはやっぱりきれい」と笑顔を見せた。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

遊水地産よしず作り 小山で作業ピーク

すぐ近く
栃木

巨大な蛇豪快に  小山・間々田のジャガマイタ

約6.6km
茨城

動物テーマに絵雑誌紹介 古河文学館、鷹見久太郎が発行

約7.1km
茨城

遅咲きのハナモモ見頃 古河総合公園

約9km
群馬

春の田 青い苗の列 板倉

約9.7km
茨城

「諸川宿」巡る拠点に 古河、「いこいの広場」完成

約12km