堤防彩るアンズ 小山の下生井

下野新聞
2017年4月1日

 【小山】下生井の与良川堤防でアンズの花が見頃を迎えた。訪れた人は白やピンクの花を見て、春の訪れを楽しんでいる。

 堤防沿い約1キロにわたって地域住民らが24年前にアンズの木を植え、「あんずの里」として親しまれている。地域住民でつくる「あんずの里実行委員会」(高橋実(たかはしみのる)委員長)が雑草の手入れやアンズの木を管理。毎年6月、下生井小の児童が同委員会とともに実を収穫している。

 堤防では菜の花も見頃を迎え、白と黄色のコントラストも楽しめる。登下校時にアンズ並木の近くを通る同校5年海老沼拓実(えびぬまたくみ)君(10)は「どんどん咲いていくのを楽しみにしていた。下生井の誇りのアンズはやっぱりきれい」と笑顔を見せた。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

鬼の面めがけ矢 子どもたち、悪霊払う 小山・白鳥八幡宮 古式例祭

約1.5km
茨城
栃木
群馬

渡良瀬遊水地でヨシ焼き 春告げる雄大な炎

約4km
茨城
栃木
群馬

渡良瀬遊水地ヨシ焼き 火柱が告げる春

約4km
茨城
栃木
群馬

春告げるヨシ焼き 渡良瀬遊水地

約4km
栃木

遊水地誘客ルート開拓へ JR駅から2次交通整備

約5.3km
栃木
群馬

3県境 歩いて知ろう 板倉町、加須市、栃木市 スタンプラリー

約6.5km