春メロン、甘味十分 JAほこた、初出荷

茨城新聞
2017年3月25日

鉾田市のJAほこた(長峰茂通組合長)は24日、同市徳宿の中央野菜選果場で、春メロンの「アンデス」を今年初めて出荷した。気温は上がらなかったものの、日照に恵まれたため良い出来だという。

出荷したのは同市徳宿、野口博さん(68)。325箱(1箱5~6個)を水戸市と東京都内の市場に送った。野口さんは昨年も同じ時期に初出荷したが、「今年は昨年より大きく育っている」と笑顔を見せた。この日出荷されたメロンは20日に糖度検査を行い、22日に収穫。同選果場で検査員が手に取って目視で規格を確認するなどした。糖度は17度くらいで、甘味がのっているという。

同JAによると、春メロンの主力は「アンデス」と「イバラキング」で、出荷のピークは5~6月。同JAのメロン生産者は減少傾向にあり、現在は180戸、耕作面積約115ヘクタール。 

地図

地図を開く 近くのニュース