28日から一万本桜まつり 真岡、無料周遊バス名所巡り運行

下野新聞
2017年3月19日
PICKH20170319_01028000100300002_sm

 【真岡】市内各所で桜を楽しむ恒例イベント「真岡の一万本桜まつり」(市観光協会主催)が28日から4月23日まで開かれる。本県を対象とするJRグループの大型観光企画「栃木デスティネーションキャンペーン(DC)」を来春に控え、今回はプレDC企画として、市内の人気花見スポットなどをつなぐ無料周遊シャトルバスを初めて運行する。また誘客促進などを目的にPR動画も制作。インターネット上で公開し、桜で彩られた「真岡の春」を市内外にアピールする。

 同祭りは2005年から、同協会や市などが中心となって開催。物井の「桜町陣屋桜まつり」や根本の「根本山桜まつり」など市内7カ所を主会場とし、例年約5万人が訪れるという。

 シャトルバス運行は、桜と菜の花、SLを同時に見ることができる北真岡駅周辺の「北真岡地域ふれあい桜まつり」の人気会場周辺などに駐車場が少ないことから企画。真岡駅東口を発着点に、同会場や台町の行屋川両岸を約200本のソメイヨシノが彩る「行屋川桜まつり」会場など4カ所を回る。4月1、2、8、9日の計4日間、1日9便運行する。

 PR動画は、「真岡の一万本桜まつり~桜色の風に集う真岡の春~」と題された約5分間の作品で、同協会などが制作。2月から動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。7人の女性が満開の桜を背景に祭り会場で屋台を楽しんだり、下籠谷(しもこもりや)の井頭公園などを巡り、真岡の春を満喫する様子を映している。

 市商工観光課の担当者は「プレDCに絡んだイベントとして盛り上げたい」と意気込んでいる。

 (問)同協会0285・82・2012。

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

D51も圧縮空気で自走 2台動態は全国唯一 真岡のSLキューロク館

約1km
栃木

かんぴょうゴロゴロ、ボウリング人気 道の駅しもつけでイベント

約13km
栃木

アイドルキャラクター「瓜田瑠梨」を観光大使に 下野市

約16km
栃木

今年は8月12日、テーマ「幸せ」 うつのみや花火大会

約17km
栃木

ミツマタ開花前に環境整備 茂木・逆川地区の保全協議会 駐車場新設、バス運行

約18km
茨城

「招福」走る男女 筑西の羽黒神社

約18km