ホワイトタイガー赤ちゃんすくすく 群馬サファリ

上毛新聞
2015年9月25日

まるでぬいぐるみのよう―。群馬サファリパーク(富岡市岡本)で生まれたホワイトタイガーの赤ちゃん2頭が母親のメープルに見守られながら元気に育っている=写真。
2頭は1日に生まれた。ともにメスで、現在の体重は3500グラムと3200グラム。トラとライオンを担当する飼育員の木崎碧さんによると、赤ちゃんに人間のにおいがつくと、母親が育児放棄することがあるという。「気を使いながら大切に育てたい」という。
同園のホワイトタイガーは計11頭となった。10月初旬に記念撮影会を開く予定。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →