渡良瀬遊水地ヨシ焼き 火柱が告げる春

下野新聞
2017年3月19日

 渡良瀬遊水地に春の訪れを告げるヨシ焼きが18日、同遊水地で行われ、オレンジ色の炎と黒煙に包まれた。

 ヨシの生育促進や病害虫の駆除などを目的に実施。同遊水地の春の風物詩として親しまれている。

 午前8時半、ヨシ原の各所で火が放たれると、パチパチという音とともに炎が広がり、瞬く間に立ち上った黒煙が青空を覆った。付近の土手では大勢のカメラマンが連なり、盛んにシャッターを切っていた。

 初めて来たという佐野市佐野小1年田辺渉留(たなべわたる)君(7)は「火がとても大きくてすごかった」と声を弾ませた。

 主催者の渡良瀬遊水地ヨシ焼き連絡会によると、この日は8500人の見物客が訪れた。ヨシは予定していた1500ヘクタールのうち、9割の1350ヘクタールが焼けたという。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

「ラムサール」5年で渡良瀬遊水地カード

約2.5km
栃木

遊水地産よしず作り 小山で作業ピーク

約4km
茨城

永井路子さんエッセイ展 歴史文学の世界誘う 古河文学館 原稿や挿絵など70点

約5.8km
茨城

動物テーマに絵雑誌紹介 古河文学館、鷹見久太郎が発行

約5.8km
茨城

夏の風物詩 朱色お届け 古河、ホオズキ出荷

約5.9km
茨城

夏彩る薄紅の大輪 大賀ハスが見頃 古河総合公園

約7.5km