13日レストラン一新 大子・思い出浪漫館80周年

茨城新聞
2017年3月12日

開業80周年を迎えた大子町袋田の思い出浪漫館(河西美津子支配人)は、13日に館内のレストラン「旬菜ダイニング浪漫亭」をリニューアルオープンする。眼下に流れる滝川や奥久慈の自然を眺めながら宿泊客がゆっくりと食事が楽しめるようテーブルを配置した。客席数は100人。

改装した「浪漫亭」は、内装に障子や竹を使って和風に一新し、「ライブキッチン」もスペースを広げ、旬の食材を使ったてんぷら、アユの塩焼きなど出来たての料理を提供する。夕食はこれまで和洋のハーフバイキングスタイルだったが、地場産の奥久慈しゃも、ゆば、常陸牛などを使い、季節に合わせた旬の創作料理を堪能できる。朝食はバイキング形式で、新鮮野菜などを使い、体に優しいメニューを提供していく。

オープン前に開かれた見学会で、原田功調理長は「地元の食材にこだわり、素材そのものの味を生かした料理を心掛けた」と話す。河西支配人は「お客さまがおいしい食事を通して、楽しいひとときを過ごしてもらいたい。今後も旅の感動づくりとおもてなしの向上に努めていきたい」と話している。同館では80周年を記念した宿泊プランなども用意している。問い合わせは同館(電)0295(72)3111

地図 →

この付近の観光ニュース →