山並み染める紅白の梅1200本 足利・西渓園で見頃

下野新聞
2017年3月8日
見頃を迎えた西渓園の梅=7日午前11時55分、足利市西宮町、山口達也撮影

 梅の名所として知られる足利市西宮町の「西渓園(せいけいえん)」で梅の花が見頃を迎え、ハイカーや花見客たちの目を楽しませている。

 織姫(おりひめ)山の西側斜面に広がる同園の梅は、約50年前に植栽された。約3ヘクタールに白梅と紅梅が計約1200本植えられている。

 同園西側の入り口からは、梅の香りを楽しみながら花を見上げられ、最上部のハイキングコースからは山並みに広がる梅林が見下ろせる。

 妻と訪れた佐野市堀米町、理容師石塚正春(いしづかまさはる)さん(70)は「来るのは5回目くらい。たくさん咲いているから迫力がある」と満喫していた。

 市観光協会によると現在、全体的には四分咲きほどで、ふもとに近い白梅はほぼ満開。今月中旬ごろまでが見頃だという。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →