撮り鉄らでにぎわう JR宇都宮運転所まつり

下野新聞
2015年9月24日

 JR宇都宮線開業130周年に合わせた「宇都宮運転所まつり」が23日、JR宇都宮駅東側の同運転所構内で開かれ、鉄道マニアや家族連れらでにぎわった。

 構内には烏山線を走る蓄電池車両や寝台特急として親しまれた「あけぼの」や「北斗星」のヘッドマークを付けた電気機関車などが展示された。

 展示車両の前には“撮り鉄”ファンが詰めかける一方、ミニ新幹線乗り場には長蛇の列。那珂川町から母親、姉と訪れた菊地大樹(きくちだいき)ちゃん(3)は「楽しかった。今度はほんとうの新幹線に乗りたい」と笑顔で話していた。

地図 →

この付近の観光ニュース →