全編市内ロケの映画「ディアーディアー」、足利で先行上映 菊地監督ら舞台あいさつ

下野新聞
2015年9月23日

 【足利】市出身の映画監督菊地健雄(きくちたけお)さん(37)が全編市内ロケで撮影した映画「ディアーディアー」の先行上映会が22日、朝倉町の市民プラザで開かれ、午後2時からの初回は市民ら約670人が観賞した。上映会後、菊地監督や主演の中村(なかむら)ゆりさん(33)らが舞台あいさつを行った。

 同映画は、菊地さんの長編では初メガホンとなる作品。幻のシカをめぐる3兄弟の軌跡を描くヒューマンコメディーで、兄弟それぞれが過去のトラウマに直面しながら、互いのわだかまりを解いていく。

 菊地監督は「こんなにも多くの拍手をもらえると思っていなかったので非常にうれしい。特に足利の方は、この映画を二度三度と見るといろいろな発見があると思う」と話した。

 先行上映は、23日も午後2時と同7時からの計2回開催。当日券1200円。小中学生無料。

地図

地図を開く 近くのニュース