《旬のいちおし》ひたちなか・バインベリー つる付き完熟の実

茨城新聞
2017年2月15日
170214hitachinaka

イチゴの出荷シーズン。「甘みの中に程よい酸味があり、果肉はしっかりとした食感。今が一番おいしい」と話すのは、ひたちなか市高場の藤村忠明さん(54)。12アールの敷地内に設置したビニールハウスで、朝早くから収穫作業に打ち込む。

栽培するのは、ひたちなか市特産のつる付きイチゴ「バインベリー」。品種は「とちおとめ」で、つるを2センチ残し、完熟した果実を一粒ずつハサミで収穫する。

完熟のため、収穫から出荷まで実を傷めないよう注意を払う。朝収穫したイチゴは夕方には出荷。「つる付きで出荷すると、比較的日持ちがしやすい」という。

土を覆うマルチシートは白色を使う。地温の上昇を防ぐとともに太陽の光が反射することで、「実の色づきが良くなり、真っ赤になる」と話す。

液状の肥料は天候や気温に合わせ、成分の比率や与える回数を調整する。年によって条件が変化するため、「栽培は毎年1年生。新しい気持ちで取り組む」。

出荷は4月末まで続く。「今年は味、色づき、大きさとも良く、最高の出来。多くの人に食べてほしい」とほほ笑む。

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

「い賓閣」研究会 光圀の別邸、模型で再現

約4km
茨城

干し芋、人気投票 買い物客、食べ比べ ひたちなか

約4.5km
茨城

早咲きスイセン見頃 ひたち海浜公園

約5.2km
茨城

「米ゲル」で菓子や総菜 那珂、特産目指し7品開発

約6.2km
茨城

「日本酒、素晴らしい技術」 ハンガリー大使 水戸の蔵元を視察

約8.8km
茨城

偕楽園好文亭ふすま絵修理 親子で下張りに墨絵

約8.8km