華やかに700体 水戸、護国神社でひな人形展

茨城新聞
2017年2月14日
170213gokokujinjya

家庭で飾られなくなるなどして寄せられたひな人形の奉納展示が、水戸市見川1丁目の県護国神社(佐藤昭典宮司)で開かれている。700体以上のひな人形が参集殿にずらりと並び、華やかな雰囲気を醸し出している。

会場では、大正から昭和初期にかけて制作されたとみられる一回り小さく繊細な作りのひな人形など、珍しいタイプも展示されている。市内のカルチャー教室のつるしびなも飾られ、会場を彩っている。

8日には、近くの市立見川幼稚園の園児30人が訪れ、表情豊かな人形と精密に作られた調度品を鑑賞。「きれい」などと楽しそうな表情を見せた。佐藤宮司は「来ていただいた方が感動し、喜ぶことが人形への供養になる」と話した。

展示は3月下旬までを予定。時間は午前9時から午後4時まで。入場無料。問い合わせは同神社(電)029(241)4781

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

「60年後」へ伝言残そう 好文亭ふすま絵修理、下張りに墨絵と書

約480m
茨城

春告げる花と香り 「水戸の梅まつり」開幕

約520m
茨城

水戸の梅まつり 梅大使が案内役 多彩なイベント誘う

約520m
茨城

偕楽園で納豆早食い大会

約520m
茨城

梅香いざなう茨城に 水戸の梅まつり開幕へ

約520m
茨城

闇に浮かぶ、幻想的な梅 水戸

約520m