「筑西場所」10月9日 大相撲巡業、振分親方らPR

茨城新聞
2017年2月11日
170210shikusei

大相撲秋巡業「筑西場所」(茨城新聞社など後援)が10月9日、筑西市上平塚の下館総合体育館で開かれる。主催の同実行委員会(早瀬智一代表)が10日、発表した。同市での開催は1980年の旧下館市以来37年ぶり。会見した振分親方(元小結高見盛)は「稽古や初切(しょっきり)など本場所では見られない魅力を見て、相撲界への理解を深めてもらえたらうれしい」と話した。

当日は新横綱の牛久市出身の稀勢の里関や白鵬関、土浦市出身の高安関など総勢約270人の力士たちが参加する。午前8時から地方巡業ならではの公開稽古から始まり、序二段から幕内までの取組のほか幕内・横綱土俵入り、弓取り式などが行われ、午後3時に終了する。

幕下取組と十両土俵入りの間には、相撲の禁じ手を紹介する初切や相撲甚句、太鼓打分が披露される。序二段の取組前には子どもたちが力士に挑む「わんぱく相撲」もある。

10日は早瀬代表と振分親方が、筑西市丙のスピカビル庁舎に須藤茂市長を表敬訪問し、多くの市民の来場を呼び掛けた。須藤市長は「巡業を通して相撲の面白さや市のPRになれば」と述べた。

客席は2階も含め約3400人分を用意。入場料は2人マス席(2万4千円)、2階福祉席(8千円)のほかは、1人1万4千~1万5千円(いずれも税込み)。チケットは5月1日に同ビルなどで先行販売され、6月1日から市内の委託販売所やコンビニなどで一斉販売される。

問い合わせは同実行委事務局(電)0800(800)8535(3月1日から)まで。

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

筑波の峰に輝く”ダイヤ” 結城で観賞会

約4.5km
茨城
栃木

白煙上げ、SL重連疾走 真岡鉄道

約4.9km
茨城

筑西の魅力PR 観光大使5人任命

約5.3km
茨城

結城産米で吟醸酒 老舗酒蔵、限定1000本販売

約5.8km
茨城

こだまスイカ、出荷始まる 筑西

約6.5km
茨城

《旬のいちおし》筑西こだますいか 皮薄く強いシャリ感

約6.5km