落ち葉の中、春を待つ僧 大田原でザゼンソウ開花

下野新聞
2017年2月6日
PICKH20170206_01003000100200001_sm

 大田原市北金丸の市指定天然記念物ザゼンソウ群生地で、落ち葉の中から十数株のザゼンソウが顔をのぞかせ、一帯に春の訪れを告げている。

 住民有志でつくる「北金丸ザゼン草を守る会」などが管理。約2600平方メートルの雑木林に湧水をためて湿地とし、木道も整備するなど生育環境を整えている。ザゼンソウの名は、高さ10~20センチの仏炎苞(ぶつえんほう)に包まれた花が、座禅を組む僧の姿に見えることに由来する。

 1日から一般公開され、3月上旬にかけて見頃を迎える。5日に夫婦で訪れた同市大豆田、無職米沢英則(よねざわひでのり)さん(67)は「昨年の立春過ぎよりも花が多く、近づく春を感じられた」と目を細めていた。同会の戸村一之(とむらかずゆき)会長(70)は「乾燥気味だが、今後の降雨に期待し350株の開花を目指す」と話している。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

ザゼンソウ群生地、公開先立ち保全活動 大田原

約760m
栃木

江戸屋敷、津軽藩とお隣さん? 大田原「那須家の雛人形」展で絵図初公開

約1.7km
栃木

中学生が火矢で点火、黒羽でどんと祭 大田原

約4km
栃木

大田原で王将戦第3局始まる 挑戦者・久保九段が44手目封じる、2日決着へ

約4.2km
栃木

仕事始めに安全祈願 建設業者が太子祭

約4.3km
栃木

スイセンと白梅共演 斜面染める春の色 那須塩原・東那須野公園

約8.3km