春の臨時列車、直通など138本 JR水戸支社

茨城新聞
2017年1月24日

JR東日本水戸支社は、3月1日~6月30日まで、春の臨時列車を運行する。春休みやゴールデンウイークに合わせ、行楽に便利な直通列車など138本の臨時列車を設定した。

主な臨時列車は、東京ディズニーリゾートや東京周辺の観光に便利な「舞浜・東京ベイエリア号」、新緑の高尾山に行く「ぶらり高尾散策号」、横浜の散策や初夏の鎌倉が楽しめる「ぶらり横浜・鎌倉号」など。いずれも乗り換えなく、直通運行する。

このほか、あしかがフラワーパーク(栃木県足利市)の「大藤まつり」の観光に便利な直通列車や、土浦市で開く「かすみがうらマラソン」に合わせた臨時列車も運行する。

利用者が集中する金曜夕方には上り特急列車を増発する。

地図 →

この付近の観光ニュース →