身を清め、寒ざらしそば奉納 栃木・満願寺で「出流大寒祭」

下野新聞
2017年1月21日

 そば職人が商売繁盛などを祈願する「出流大寒祭」が20日、栃木市出流町の満願寺で開かれ、今年初打ちされた寒ざらしそばが奉納された。

 寒ざらしそばは、ソバの実を冷水にさらし乾燥させることで雑味が抜け、甘みや香りが増す。

 地元のそば店などが組織する出流観光会のそば職人ら32人は出流山山中で滝に打たれる滝行で身を清めた後、本堂前でそば打ちを披露。市民ら参加者は、職人の手さばきに見入っていた。

 寒ざらしそばは、2月末まで出流地域のそば店で提供される。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース