力合わせて20トン「デキ」と綱引き 前橋で上電イベント

上毛新聞
2017年1月5日

電車に親しんでもらおうと、群馬県の上毛電鉄は3日、前橋市の同社大胡電車庫で新春恒例イベントを開催した。電車の試乗会や撮影会、電車との綱引きなど多彩な催しが行われ、鉄道ファンや家族連れでにぎわった。

◎デハ101の臨時運行や東部との合同企画も

電気機関車「デキ3021」との綱引きは、2本の綱を来場者が引き、約20トンの車両を動かした。前橋城東小4年の御園絵理花さん(10)は「みんなで引いたら意外と簡単に動いた。電車との綱引きは初めてで楽しかった」と笑顔を見せた。

来場者は、運転士の制服を着て記念撮影したり、鉄道模型の展示を見るなどして、楽しいひとときを過ごしていた。

昭和初期から使われている希少な電車「デハ101」の臨時運行のほか、東武動物公園駅―上毛電鉄大胡駅間を臨時列車が走行する東武鉄道との合同企画もあった。

地図

地図を開く 近くのニュース