旅がらすが新商品 「旅せん」「重ねレーズン」

上毛新聞
2016年12月26日
tabbigarasu

菓子製造販売の旅がらす本舗清月堂(前橋市新堀町、糸井義一社長)は新商品2種を発売した。クリームなしの鉱泉せんべいに乳酸菌を入れた「旅せん」=写真上=と、クッキーでレーズンバターを挟んだ「重ねレーズン」=同下。本社工場直売店と高崎小鳥店で販売しており、順次、取扱店を拡大する。
「旅せん」は健康がテーマで、若い女性を中心にアピールする。「ジャムを付ける」「サラダに入れる」など、消費者から新しい食べ方を提案してもらい、商品PRに活用していく考え。3段重ねのかわいらしい小箱に入れ、土産品としての需要も取り込む。30枚入り800円。
「重ねレーズン」は、しっとりとした丸型のクッキーでレーズンバターを挟んだ。8個入り千円。2商品とも本年度の「グッドデザインぐんま」に選定されている。
直売店の営業時間は午前9時~午後6時。無休。問い合わせは同店(☎027・265・5123)へ。