クリスマスツリー点灯式 地元のモミに住民飾り付け みなかみ

上毛新聞
2016年12月7日

みなかみ町で育ったモミの木のクリスマスツリーに明かりをともす「みなかみ愛の木点灯式」(町、町商工会、町観光協会主催)が1日、同町湯原の道の駅「みなかみ水紀行館」で開かれた。イルミネーションの光が浮かび上がると、会場は歓声に包まれた=写真。25日までの期間中、日没から午後9時まで点灯する。
ツリーは高さ約5メートル。LED電球5千個のほか、地元の子どもらが「ぐんまちゃん」や雪だるまなどを描いた飾り約200個で彩られている。
岸良昌町長は「愛の木をみんなで育てて」とあいさつし、飾りを作った子どもらと点灯のカウントダウンをした。

地図 →

この付近の観光ニュース →