結城紬でカード作り 水戸駅ビルで体験講習

茨城新聞
2016年12月4日

本場結城紬(つむぎ)の製造卸問屋「奥順」(結城市)が3日、水戸駅ビルエクセル6階特設会場で、ワークショップ「結城紬の生地でオリジナルカードをつくろう!」を開き、来場者に結城紬の魅力をアピールした。ワークショップは4日も開かれる。

結城紬の完成品を見てもらうだけではなく、製作工程を説明しながら、絹織物の肌触りやふんわりとした風合いなどを実感してもらおうと企画。同社スタッフの手ほどきの下、結城紬の素材である真綿や手つむぎ糸、生地と、西ノ内和紙でできたはがきを使用してオリジナルカードを作る。

参加費は2千円(材料費込み)。当日受け付け可能。会場内では結城紬のショールや帽子なども展示販売している。問い合わせはエクセル(電)029(231)7711。 

地図 →

この付近の観光ニュース →