護国神社に大門松 高さ6メートル、胴回り1.5メートル 水戸

茨城新聞
2016年12月2日

師走に入った1日、水戸市見川1丁目の県護国神社(佐藤昭典宮司)で新春の初詣客を迎える大門松1対が設置された。

大門松は高さ6メートル、胴回りは1・5メートルで神殿前の鳥居前に設置。神職たちが境内にある松や竹、梅、ササ、ナンテンなどを使い、一から手作りで製作した。青竹3本を縄で束ね、通常は5枚の花弁を作る花結びを、「しあわせ」の「4」とかけて、四葉のクローバー形の花結びで縁起良く仕立てた。

佐藤宮司は「皆さまの無病息災を願い、幸せな一年を迎えてほしい」と話した。

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

「60年後」へ伝言残そう 好文亭ふすま絵修理、下張りに墨絵と書

約480m
茨城

偕楽園で納豆早食い大会

約520m
茨城

梅香いざなう茨城に 水戸の梅まつり開幕へ

約520m
茨城

闇に浮かぶ、幻想的な梅 水戸

約520m
茨城

水戸梅まつり 観客、震災後最多に 58万人超

約520m
茨城

水戸の梅まつり 梅大使が案内役 多彩なイベント誘う

約520m