矢板駅西口にイルミ巨大ツリー

下野新聞
2016年11月28日
cnts2016112503499_baseimage_r

 【矢板】JR矢板駅西口の駅前広場でイルミネーションの点灯が25日夜、始まった。冬の風物詩として定着し、今年で11年目。高さ約15メートルのヒマラヤ杉などに約3万個の発光ダイオード(LED)がともり、街に彩りを添えている。

 25日夜の点灯式ではカウントダウンが行われ、広場に詰め掛けた人たちから歓声が上がった。点灯後、市内のすみれ幼稚園の園児約40人がハンドベルの演奏を披露した。

 点灯は来年1月13日まで。時間は午後5~11時半。期間中は毎日、同6時と同8時、音楽に合わせイルミネーションが点灯する趣向もある。矢板高生が製作した電光掲示板も同駅舎などに掲げられた。

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

チョウ2500匹集め企画展 大田原・福原の市ふれあいの丘

約11km
栃木

コーヒーでまちおこし 大田原、専門店が相次ぎオープン

約12km
栃木

仕事始めに安全祈願 建設業者が太子祭

約13km
栃木

ザゼンソウ群生地、公開先立ち保全活動 大田原

約16km
栃木

江戸屋敷、津軽藩とお隣さん? 大田原「那須家の雛人形」展で絵図初公開

約16km
栃木

落ち葉の中、春を待つ僧 大田原でザゼンソウ開花

約16km