廃校レストラン新装 すいとんや窯焼きピザ 南牧

上毛新聞
2016年11月21日
ip161111jom000072000_00

旧南牧尾沢中を使った農村体験型レストランが、「レストランせせらぎ」として改装オープンした。飲食提供に加え、パーティーや同窓会などのイベント会場としても貸し出し、木造校舎の活用を広げる。
これまで店を切り盛りしてきた南牧村羽沢の高野さつきさん(49)がニーズに広く応えようと、いずれも高崎市内に住む妹の桜井かおりさん(45)、工藤みすづさん(44)に声を掛けて再開した。
看板メニューは石窯で焼くピザ。郷土料理のおつみっこ(すいとん)は、生地に村特産の炭粉を練り込み「おすみっこ」と名付けた。旬の野菜を使ったメニューも提供する。
同村砥沢の浅川利子さん(72)、浅川まさ子さん(71)、浅川良子さん(72)はピザを味わった。利子さんとまさ子さんは同中卒業生で「ここは職員室だったね」「母校に明かりがともることがうれしい」と話していた。
営業は土、日曜の午前11時~午後4時。10人以上の食事は予約が必要。問い合わせは同店(☎0274・87・4622)へ。

地図 →

この付近の観光ニュース →

見つかりません。