昭和30年代のロゴをネオンで再現 宇都宮・オリオン通り

下野新聞
2016年11月13日
cnts2016111202382_baseimage_r

 宇都宮市のオリオン通り曲師町商業協同組合(長谷川正(はせがわまさ)理事長)は、昭和30年代に同通りに飾られていたネオン「オリオン・エンゼル」を電飾で再現し12日、同通りの宇都宮フェスタ前に設置した。17日までは一日中、以降は毎日午後3時~午前1時に点灯する。

 同組合の舘野直義(たてのなおよし)理事が中心になって制作。一部を現代風にアレンジするなどして、約2週間かけて完成させた。電飾の大きさは縦約2メートル、横約4メートル。

 当時のネオンを知る長谷川理事長(69)は「昔を思い出す。懐かしい」と電飾を見上げていた。

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

大技次々、観衆を魅了 宇都宮市消防出初め式

約200m
栃木

感謝とねぎらい針供養 宇都宮二荒山神社

約260m
栃木

高校生が考案「しもつかれコロッケ」 2月のイベントで限定販売

約330m
栃木

無病息災願い春渡祭 宇都宮二荒山神社

約350m
栃木

笑顔の一年願い込め 県内寺社、初詣にぎわう

約350m
栃木

東武宇都宮百貨店 5階キッズスクエア 愛称「わくわくひろば」に

約500m