昭和30年代のロゴをネオンで再現 宇都宮・オリオン通り

下野新聞
2016年11月13日

 宇都宮市のオリオン通り曲師町商業協同組合(長谷川正(はせがわまさ)理事長)は、昭和30年代に同通りに飾られていたネオン「オリオン・エンゼル」を電飾で再現し12日、同通りの宇都宮フェスタ前に設置した。17日までは一日中、以降は毎日午後3時~午前1時に点灯する。

 同組合の舘野直義(たてのなおよし)理事が中心になって制作。一部を現代風にアレンジするなどして、約2週間かけて完成させた。電飾の大きさは縦約2メートル、横約4メートル。

 当時のネオンを知る長谷川理事長(69)は「昔を思い出す。懐かしい」と電飾を見上げていた。

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

“春”満開、和の催し満喫 宇都宮城址公園で桜まつり

約720m
栃木

とちぎ和牛せんべい発売 県内24道の駅、共通商品化

約800m
栃木

列車の中はカクテルの街 JR東、新宿から初運行

約1.2km
栃木

栃木の銘品勢ぞろい 宇都宮駅ビルに新店舗 丹波屋

約1.2km
栃木

売り込め栃木の魅力 とちぎDC 販促会議に国内外700人宇都宮

約1.2km
栃木

宇都宮で開花宣言 見頃は週末

約2.2km