土木遺産の路線 わ鉄を巡る(12)第2渡良瀬川橋梁》日米の技術伝える

上毛新聞
2016年11月13日
%e3%82%8f%e9%89%84%e2%91%ab%e7%ac%ac%ef%bc%92%e6%b8%a1%e8%89%af%e7%80%ac%e5%b7%9d%e6%a9%8b%e6%a2%81

第2渡良瀬川橋梁(きょうりょう)は、わたらせ渓谷鉄道の原向―通洞間の渡良瀬川に架かる。米国製の鋼材を用い国内で造った、日米の橋梁技術を伝える貴重な橋として知られる。
足尾鉄道時代の1912(大正元)年に架けられた。細長い部材を三角形に組むトラス構造が二つ連なる。銘板から、前年に東京石川島造船所(現IHI)で造られたことが分かる。
鋼材の交点をピンで接合する「ピントラス橋」で、今はあまり見られない設計だという。国鉄足尾線時代から携わり、現在はわ鉄工務課長の小林忠一さん(70)は「(県内と栃木、埼玉両県の一部を含む)JR高崎支社管内では他にない」と話す。
小林さんはこの橋の塗り替えを3回担当した。国鉄の灰色、JRの緑、現在は青。時代と共にお色直しする橋を見守ってきた。

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(18)通洞駅》斬新さ際立つ洋風駅舎

約2.3km
群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(19)足尾駅》建築当初の規模 維持

約3.3km
群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(3)笠松トンネル》輸送路の難所を貫通

約3.6km
群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(13)出川橋梁》高さ20メートルの貨物線

約4.7km
群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(7)腕木式信号機》廃線後 ツアーで人気

約4.7km
群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(2)第1松木川橋梁》英国製の独特な橋脚

約4.7km