呪術具の石剣や石棒 縄文時代の出土品270点 藤岡

上毛新聞
2016年10月24日
1021%e5%91%aa%e8%a1%93%e5%85%b7%e3%81%ae%e7%9f%b3%e5%89%a3%e3%82%84%e7%9f%b3%e6%a3%92%e3%80%80%e7%b8%84%e6%96%87%e6%99%82%e4%bb%a3%e3%81%ae%e5%87%ba%e5%9c%9f%e5%93%81

藤岡歴史館(藤岡市白石)の秋季企画展「山のムラ 平野のムラ」が11月27日まで、同館で開かれている。市内の縄文時代後晩期の遺跡から出土した石剣や土器など約270点が並ぶ=写真。
下久保ダムに沈んだ山間部の保美濃山、坂原の両遺跡の出土品(県立歴史博物館蔵)を初展示。坂原遺跡で見つかった呪術具の石剣、石棒の未完成品は、山間部に古代の製作拠点があった可能性を示している。
このほか平野部から出土した、土瓶にあたる注口土器や植物繊維の編み物など、貴重な史料が並ぶ。
市文化財保護課は「山と平野の遺跡で炉の構造が同じだったり、結び付きが強かったことが展示で理解できる」としている。
関連行事として、23日に元群馬大教授の梅沢重昭さんが、11月20日に国学院大学栃木短大専任講師の中村耕作さんが講演する。ともに午後1時半開始で申し込み不要。
期間中は無休。問い合わせは同館(0274・22・6999)へ。

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

《三碑の里訪ねて(1)》七輿山古墳 羊太夫の伝説残る 巨木が包む憩いの地

約450m
群馬

《三碑の里訪ねて(3)》山名古墳群 鏑川北岸に20基 文化水準の高さ示す  

約2.3km
群馬

光のツリー幻想的に ららん藤岡でイルミネーション

約3.5km
群馬

鬼瓦 力強い表情 現代の名工 山口さん作品展 藤岡

約4.1km
群馬

《三碑の里訪ねて(7)》巨大な礎石残る 多胡郡正倉跡 国家の威信懸け建郡

約4.2km
群馬

《三碑の里訪ねて(5)》観音山丘陵 五つの城跡 中世以降 武士が拠点

約4.3km