日光東照宮で千人武者行列 雨上がりの表参道に時代絵巻

下野新聞
2016年10月18日

 徳川家康(とくがわいえやす)の鎮座400年を迎えた日光市山内の世界遺産日光東照宮で17日、秋季大祭のハイライト「百物揃(ひゃくものぞろい)千人武者行列」が行われ、雨上がりの表参道をきらびやかな時代絵巻が彩った。

 家康を静岡から日光へ改葬した際の行列を再現。「神輿渡御祭(しんよとぎょさい)」とも呼ばれる。毎年春と秋に行われ、秋は家康、豊臣秀吉(とよとみひでよし)、源頼朝(みなもとのよりとも)を祭るみこし3基のうち家康の1基が出される。

 この日は未明からの降雨の影響で50分ほど遅れて出発。市民ら約700人が鎧(よろい)かぶとの武者や弓持ちなど50種類以上の役割に扮(ふん)し、表参道から御旅所(おたびしょ)までの約1キロを往復した。沿道を埋めた観衆は、ずらりと並んだ伝統装束に見入っていた。

 同市などの招待で東南アジア諸国連合(ASEAN)8カ国の駐日大使らも列席。ブルネイのマハムド・アーマッド大使(58)は「2度目の訪問で初めて行列を見た。日本文化の多様性を感じた」と話していた。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

人馬一体 日光東照宮で流鏑馬神事

約150m
栃木

新装の陽明門みこしくぐり 日光・千人行列は中止

約150m
栃木

「夜間参拝」始まる 日光二社一寺

約150m
栃木

「眠り猫」再び“熟睡”  東照宮の国宝 薄目に修理後1カ月半

約150m
栃木

花家体勇壮に 日光二荒山神社・弥生祭

約240m
栃木

陽光に輝くアカヤシオ 世界遺産に春告げる 日光

約240m