早くも「冬の使者」 渡り鳥マガン、渡良瀬遊水地周辺に 小山

下野新聞
2016年10月10日

 【小山】冬の使者とも言われる渡り鳥のマガン5羽が9日、渡良瀬遊水地周辺の田んぼに飛来しているのが確認された。

 マガンはシベリア周辺で繁殖し、冬になると餌を求めて南下する。国内では宮城県内などが越冬地として知られる。

 自然保護団体「わたらせ未来基金」の内田孝男(うちだたかお)さん(65)によると、4日、渡良瀬遊水地第二調節池の上空で7羽を確認。うち、5羽が田んぼと同調節池を行き来しているという。

 5羽のうち2羽は成鳥、3羽は幼鳥の家族とみられ、落ち穂をついばんでいる。内田さんによると、市内の田んぼにマガンがいるのは珍しいという。

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

遊水地産よしず作り 小山で作業ピーク

約1.4km
群馬

「ラムサール」5年で渡良瀬遊水地カード

約4.4km
茨城

夏の風物詩 朱色お届け 古河、ホオズキ出荷

約6.1km
茨城

永井路子さんエッセイ展 歴史文学の世界誘う 古河文学館 原稿や挿絵など70点

約6.7km
茨城

動物テーマに絵雑誌紹介 古河文学館、鷹見久太郎が発行

約6.7km
茨城

夏彩る薄紅の大輪 大賀ハスが見頃 古河総合公園

約8.6km