伝統の技、奉納 鹿島神宮で古武道大会

茨城新聞
2016年10月3日

 全国各地の古武道36流派が一堂に集まる「第7回日本古武道交流演武大会」(日本武道館など主催)が2日、鹿嶋市宮中の鹿島神宮社殿前特設演武場で開かれた=写真。伝統の技の数々に参拝客は足を止め、真剣なまなざしで見守った。
 同神宮の祭神、武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)は武道の神として知られる。各流派の演武者はそれぞれに剣術、槍(そう)術、柔術などを披露し、気迫に満ちた技と共に高い精神性を感じさせる所作も見せた。
 戦国時代の剣豪、塚原卜伝(ぼくでん)を流祖とする鹿島新当流剣術の今井淳也さん(45)は「1年の成果を神様に見ていただく。境内で披露することは名誉」と話した。東京都八王子市から見物に訪れた狩野浩樹さん(30)は「自分も古武道をやっている。流派が違うと考え方も違い参考になる」と語った。

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

稀勢、鹿島神宮で土俵入り 県内初披露に大歓声

すぐ近く
茨城

人馬一体、心射抜く 鹿島神宮で流鏑馬神事

すぐ近く
茨城

11流派、気迫の技 鹿島神宮で奉納演武

すぐ近く
茨城

春の憩い 鹿嶋城山公園で桜が見頃

約860m
茨城

大型スクリーン2台に カシマで8日から

約3.1km
茨城

20年東京 カシマで五輪開催へ 7月にも正式決定 「震災復興」を重視

約3.1km