小笠原流弓術厳かに 笠間稲荷

茨城新聞
2016年9月23日
160922kasama

 笠間市笠間の笠間稲荷神社で22日、小笠原流の弓術「三三九手挟式(さんさんくてばさみしき)」が古式にのっとり行われた。武家装束の射手が的を狙って精神を集中、境内に凜(りん)とした空気を漂わせた。
 手狭式は20年以上前から、邪心をはらう儀式として続けられている。源、足利、徳川の歴代将軍家で弓術の範となった小笠原流を守り伝える門人が6人ずつ2組に分かれ、2巡の合計で的中数を競った。
 的は9寸(約27センチ)角の木製で串に挟んで立てられ、射手は弓9本分に当たる約18メートル離れた場所から、乱れのない所作で矢を放った。詰め掛けた見物客は伝統の弓術を堪能した。

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

笠間に秋 菊まつり開幕

すぐ近く
茨城

笠間稲荷、門前通り石畳に 稲田石使用、にぎわい創出へ

約120m
茨城

笠間稲荷の大鳥居復活 「復興のシンボルに」

約130m
茨城

美食家、こだわりの食器 笠間で魯山人展 12月4日まで

約600m
茨城

いなり寿司、独創性豊か 笠間でコンテスト

約2.1km
茨城

斬新発想の陶芸品完成 笠間、笠間高生と筑波大生連携

約2.1km