塊の巨大キノコ 筑西・市道脇

茨城新聞
2015年9月15日

筑西市東石田の市道の脇で巨大なキノコが見つかり、多くの地元住民が見物に訪れるなど話題になっている。
近所の住民から「大きなキノコがある」とのうわさを聞きつけた同所、農業、助川生男さん(68)が9日に見に行ったところ、雑草の中に直径約90センチあるキノコの塊を確認した。キノコは20センチほどの傘のキノコが数多く密集していた。
助川さんは市や県に連絡。「10日に県職員が調べに来たらニオウシメジという種類で、『食べられます』ということだった。食べてみようと思うが、全部食べるのは大変でしょうね」と笑った。
近所の住民によると、キノコはこの2週間ほど前から大きくなってきたという。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →