「チームラボ」客足好調 壬生町おもちゃ博物館

下野新聞
2016年9月4日
17965

 【壬生】国谷の町おもちゃ博物館で開催中の最新のデジタルテクノロジーを使った教育プロジェクト「チームラボアイランド-学ぶ! 未来の遊園地-inとちぎ」(下野新聞社主催、同館共催)は3日で開幕2週間を迎えた。8月29日には入場者が1万人を突破するなど客足は好調。県内小学校の夏休み期間が明けた9月の平日は比較的ゆったり遊ぶことができ、幼稚園帰りの親子連れらに平日午後の来場を呼び掛けている。今月25日までの開催。

 同プロジェクトは本県では初開催。国内だけでなく、米国やタイなど海外でも展開している人気イベントで、8月は開場前の午前8時ごろから多くの家族連れらが入場列をつくった。多い日は1600人以上が訪れた。

 同館トイコンサルタントの中村江美(なかむらえみ)さんは、「夏休みに来場する機会を逃してしまった方も、あと3週間の開催期間に足を運んでもらえたら。最新情報の発信にも力を入れたい」としている。

 入場には入場券の他に整理券が必要。同館は公式フェイスブックで配布状況などを随時更新。団体客などは午前中が多いため、同館は平日正午以降の来場を勧めている。(問)同館0282・86・7111。

詳細はこちら

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

袋いっぱい「福」もらう 鹿沼 医王寺で節分会

約8.4km
栃木

アイドルキャラクター「瓜田瑠梨」を観光大使に 下野市

約9.9km
栃木

巨大絵馬一足早く「交代」 上三川の白鷺神社

約10km
栃木

かんぴょうゴロゴロ、ボウリング人気 道の駅しもつけでイベント

約11km
栃木

音羽シェフがジャム認定 障害者施設の目玉商品へ

約13km
栃木

竹筒の火、川面に映える 栃木・巴波川で初の試み、2月末まで

約13km