例大祭、優雅に巫女舞 行方・化蘇沼稲荷、相撲も奉納

茨城新聞
2016年8月26日
160828kesonuma

行方市内宿の化蘇沼(けそぬま)稲荷神社で25日、例大祭が開かれた。古くから行われている、地元の子どもたちによる巫女(みこ)舞、相撲の奉納など、多くの参拝客、見物人らでにぎわった。

同神社は1478年創建。「関取神社」とも呼ばれ、力士を田と畑に見立てて勝敗を競い、豊作を占ったのが起源とされている。

奉納相撲は、境内に設けた土俵で各地区対抗で実施した。子どもから大人まで、幅広い世代の力士たちによる気迫のこもった取り組みに「頑張れ」「いけ、いけ」など、見物人から多くの声援が送られていた。

拝殿で行われた巫女舞では、扇と鈴を手に地元の小学5、6年生の女児5人が、雅楽の響きとともに世の太平を願う「浦安の舞」を披露した。静かで優雅な舞を、見物人たちは身じろぎもせず見守っていた。

地元の和太鼓グループによる演奏披露や、演歌歌手によるステージなども行われた。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

黄金に輝く大イチョウ 行方・西蓮寺

約7.7km
茨城

甘~い焼き芋いかが 行方

約8.3km
茨城

北浦・涸沼のガイド養成 鉾田、16日から

約8.4km
茨城

野鳥観察、魅力探る 鉾田、北浦・涸沼のガイド養成

約8.4km
茨城

神酒「おいしい」 行方の神社、どぶろく祭りに行列

約8.5km
茨城

どぶろく造り伝統守る 行方・春日神社で23日祭り

約8.6km