《旬のいちおし》 小美玉ニラ 色鮮やかで肉厚な葉

茨城新聞
2016年8月17日

小美玉市下吉影のニラ農家、岡野剛さん(36)方では、ハウスと露地で1・5ヘクタールを栽培する。県内でもニラ生産の盛んな地域。父幸一さん(65)、母信江さん(59)、弟晃久さん(29)の家族4人で周年出荷する。

5~9月中旬までは露地で、夏場に適した品種「パワフルグリーンベルト」を栽培する。色が濃く、幅の広い肉厚な葉が特徴だ。

「香りが強く、しっかりとした歯応えがある。特に根本の白っぽい部分は甘みがあり、一番おいしい」と岡野さん。疲労回復や風邪予防にも役立つスタミナ野菜としてアピールする。

収穫は全て手作業。鎌を手に一株一株丁寧に刈り取る。包装後は集荷場で予冷保存し、高い鮮度での出荷を目指す。岡野さんは「新鮮さを保ったまま、消費者の手元に届いてほしい。そんな気持ちで運ばれていくのを見届ける」と話す。

8月上旬までは適度に雨が降ったことで、長さのある色鮮やかなニラを出荷してきた。この先は暑さと水不足による品質低下を不安視する。「水やりの時間を長くするなど、おいしいニラを提供し続けたい」と意気込む。

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

発売3カ月、1500万食販売 タカノフーズ「すごい納豆S-903」

約4.8km
茨城

《旬のいちおし》茨城町メロン 土作りや減農薬に力

約6.3km
茨城

《旬のいちおし》石岡サヤインゲン シャキシャキの食感

約7.5km
茨城

武将・戸沢政盛を顕彰 小美玉 5市町がサミット

約8km
茨城

「牛乳まつり」にぎわう 小美玉

約9km
茨城

11月にチャーター便 茨城と種子島2往復 FDA

約9.7km