関東甲信地方、ようやく梅雨明け 過去10年で2番目の遅さ

下野新聞
2016年7月29日

 気象庁は28日、関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より7日、昨年より18日遅い。2007年以降の10年間では、07年の8月1日ごろに次いで2番目の遅さ。

 宇都宮地方気象台によると、梅雨期間(6月5日~7月27日)の降水量は宇都宮で平年比55%の192・0ミリ、那須高原で同51%の232・5ミリなど、各地で平年を下回った。

 県内は28日、曇りがちだったが、最高気温は佐野で32・2度、宇都宮で30・4度など5観測地点が真夏日となった。

 真岡も最高気温が30・5度の真夏日。真岡市下籠谷(しもこもりや)の井頭公園一万人プールは子どもたちの歓声が響いた。

井頭公園一万人プール〔真岡市〕|観光情報検索 | とちぎ旅ネット

地図 →

この付近の観光ニュース →