《上州真田》勝ちどき 植物で表現 真田丸展に畠山さん作品 沼田

上毛新聞
2016年7月28日

ㅤフラワーアーティストの畠山秀樹さん(49)=山形県酒田市=が、沼田市下之町の上州沼田真田丸展会場(グリーンベル21)の出入り口近くに、戦国時代をテーマにした作品を展示している。畠山さんは「戦いの勝ちどきの力強さをイメージした」と話している。植物の状態により8月上旬まで飾られる。
ㅤ作品は着物の染料で色を付けたミツマタや、バショウの葉、タニワタリなどの草花を使った。真田の赤備えをイメージし、赤色の苞(ほう)を付けたヘリコニアで彩りを添えている。
ㅤ畠山さんは、24日に市内の利根沼田文化会館で開かれた同市のソプラノ歌手、須藤恵さんのコンサートでデモンストレーションを披露した。NHK大河ドラマ「真田丸」のオープニング曲のピアノ演奏に合わせて舞台上で作った作品を、真田丸展会場に移した。

地図 →

この付近の観光ニュース →