悪天候の中、カジキ狙う 大洗で釣果8匹

茨城新聞
2015年9月5日

釣り上げたカジキの重量などを競う「第9回茨城ビルフィッシュトーナメント」(同トーナメントネットワーク主催)は8月29、30日の両日、大洗町の茨城港大洗港区第4埠頭(ふとう)を発着点に開かれた。2日目は、台風15号の影響で悪天候の中、60隻以上が参加し、大物のカジキを狙った。
今大会は釣り上げられた約103キロのクロカジキなど3匹が2日目の計量に持ち込まれ、集まった人とカジキとの記念撮影などが行われた。水戸市から家族と来ていた小学5年の粉川太陽さん(10)は「大きくてびっくりした。釣ってみたい」と笑顔を見せた。
多いときには100匹を超えるが、今大会は台風15号の悪天候の影響などにより釣果は約103キロのクロカジキを含む計8匹。実行委員長の金成和彦さんは「天気が悪く寒かったが、参加者は一生懸命やってくれた」と健闘をたたえた。
優勝は和歌山マリーナシティ(和歌山市)を拠点とする「ブルファイター」。2日目にクロカジキ2匹を釣り上げた。釣った木谷広之さん(30)は「初参加だが釣れて良かった。最高の気持ち」と話した。(成田愛)

地図 →

この付近の観光ニュース →