勇壮にみこし渡御 「結城夏祭り」開幕 24日まで

茨城新聞
2016年7月18日

770年以上続くとされる伝統の「結城夏祭り」(健田須賀神社夏季大祭)が17日、結城市北部市街地で開幕した。初日は「出御」が行われ、勇壮なみこしと担ぎ手の掛け声、おはやしが歴史ある街並みを華やかな雰囲気に包んだ。

出御は、ご神体を乗せたみこしや先導役の天狗(てんぐ)が神社を出発。白い法被姿の担ぎ手が「わっしょい、わっしょい」と、威勢のいい掛け声とともに各町内を渡御した。住民たちは家の戸を開けて笑顔で出迎え、家内繁栄や無病息災を祈った。

祭りは24日まで。中日の20日は夕方から旧大みこし渡御や子どもみこしパレードなどが行われ、「還御」が行われる最終日の夜に、みこしの宮入りで最高潮を迎える。

地図

地図を開く 近くのニュース