《リオ五輪目前 ぶらり大泉(10)》カクテル「カイピリーニャ」 暑い季節にぴったり

2016年7月14日

ㅤブラジルの伝統的なカクテルといえば「カイピリーニャ」だ。サトウキビを原料とした蒸留酒カシャッサ(ピンガ)にライムと砂糖を加えて作る。ポルトガル語で「田舎者」を意味するシンプルで爽やかな一杯は、蒸し暑いこれからの季節にぴったりだろう。
ㅤ夜更けまで多国籍の男女が集うアシェ・バー(西小泉、電話090・9424・1860)でも、カイピリーニャは定番メニューだ。バーテンダーで日系2世の園田ひとみさんは「ブラジルでは、自家製カイピリーニャを楽しむ愛好家も多い」と話した。
ㅤ世界で飲まれる人気のカクテルとはいえ、そのアルコール度数は30度前後。酔っぱらいが迷惑なのはどこの国も同じだ。飲む機会があれば、スマートに楽しみたい。

地図

地図を開く 近くのニュース