宿の魅力、HPで紹介 大洗町旅館組合

茨城新聞
2016年7月1日

大洗町旅館組合(石井盛志組合長)は1日、町内の宿の魅力を紹介するホームページ(HP)「大洗の宿に泊まる」を開設した。旅館の特徴をはじめ、女将(おかみ)や若旦那の人柄などを紹介し、首都圏などの観光者向けに町に泊まる魅力をアピールする。

HPでは組合に加盟する22組の旅館やホテルを紹介。各宿の内装や料理、宿から見える風景、従業員の個性など、宿の雰囲気を感じさせる特徴を写真付きで伝える。

同町磯浜町に店舗を構える「なめ屋旅館」の紹介ページでは、女将の鏑木美鶴さんに焦点を当てて「大洗一カワイイおばあちゃんがいる宿」と紹介。館内には鏑木さんの亡き夫が描いた海の風景画が飾られていることなどが書かれている。

旅館の紹介だけではなく、町内と近隣市町村の観光スポットも掲載。「大洗の宿から行く季節のおすすめの観光」と題して、国営ひたち海浜公園(ひたちなか市)の「ネモフィラの丘」などを載せる予定。大洗へのアクセス画面では県内の主な観光地を示した上で「茨城観光の中心拠点」をうたう。

町旅館組合がHPを制作するのは初めて。大洗町を海水浴場としてだけではなく、宿泊地としても知ってもらう。石井組合長は「ホームページから、お客さまを受け止める宿のぬくもりや魅力を感じてもらいたい」と力を込めた。HPは随時更新する予定。URLはhttp://oarai-yado.com/

地図 →

この付近の観光ニュース →